お肌のコンディションを整えてくれるアベンヌ・ウォーターの効果とは

肌に良い効果をもたらす

基礎化粧品

美肌に効果的として知られている成分がビタミンCです。ビタミンCには、紫外線のダメージによってできるメラニン色素を抑制することによってシミやくすみを予防する、色素沈着した部分を美白します。また、紫外線によって発生した活性酸素を除去する抗酸化作用や肌の新陳代謝をスムーズにして乾燥などを防ぐ、コラーゲン生成を促すことを期待できます。美容に効果的なビタミンCですが、酸化しやすく化粧品に配合するのが難しい成分です。それを改善して安定させたのがビタミンc誘導体になります。ビタミンc誘導体は、成分として安定するだけではなく、肌に浸透しやすいというメリットがあります。ビタミンc誘導体には水溶性と、油溶性、その両方の性質を持った両性の3種類に分けられます。大きく分けて、水溶性のものは化粧水や美容液、油溶性はクリームやジェル、両性の特徴のあるものは様々な化粧品に含まれています。ビタミンc誘導体を選ぶポイントとしては、なるべく浸透率が高い両性のものを選んでいくことがオススメです。コストを抑えたい場合には水溶性のものを選んでいき、敏感肌の人は低刺激な油溶性が効果的だとされています。ビタミンc誘導体は配合されている量が少なければ良さを実感することができない成分です。両性は濃度が1%以下、水溶性・油溶性なら3〜5%ほどのものを選びます。ただし、刺激の強い成分のため含有量が多すぎても肌の刺激になってしまうため注意が必要です。